妙高CJ2×トラウマを乗り越えろ!×小学生MTB

 BT君のメイン目標レースである妙高へ 金曜日から少し体調が悪かったBT君。でも、レースに出るなら体調管理もレースとあまり気にかけないようにしているんだけど、土曜日の試走時にあまりにも気が乗らない。キッズコースの登りセクションも初回はミスって足付き。頭が痛いってぐったり。イライラして怒鳴りつけたら
「こんなコースを走りに来たんじゃない!秋に走れなかったところを走りたいの!」って泣き出す。普段なら自分で言いに行かせるのだが、情緒不安定な感じなのでタッタが八代さんに交渉。「行かせたらええやん!やらせやらせ!」と大人コース試走の許可を貰う。

 「大人のコースを走っても良いけどキッズコースで足つく奴は行けないぞ!」って激を飛ばしてコースイン。
 キッズコース試走の時と違って凄い集中力。
 
 初の下のキッズのカットコースも登り返しでビビらないか?と心配したけどドロップで勢い付けて一気に気味に登りきりww 階段セクションも普通に走りきって
激坂セクションは友達が練習しててラインを塞がれててベストラインを走れないのを物ともせずクリア。
 そこからまたダラダラと長い登りをクリアしていよいよ秋のトラウマの上の第一シングルコースへ
 
 第一シングルをクリアして秋にタッタが怪我した第二も難なく走り抜け、キッズコースと合流して再びフルコースへの分岐。タッタも初の第四シングル。最初の激下りで躊躇したBT君を抜いてタッタが先にクリア。正直僕も怖かったww「やめとこか?」って声かけたがチャレンジ。大きな岩を直視したのか乗り上げてバイクが跳ねて大回転。対した怪我せずに済んだけどかなり怖かったらしく。「もう一回行く!・・・やっぱ怖い、、あぁ~;v;」と、痛みもあって号泣。
 
 とりあえず、今は先にと次の降りへ。次の激下りは転けそうになって地面の蹴り飛ばしの足付きして悔しがってたけどほぼクリア。
 でも、走った状況的に「怪我したら困るから第四シングル以外だったら自由に走って良いよ」って言ったら、第四シングルを抜かした去年のカデットコースをずっと周回してた。
 
「明日のレースの練習しなくていいのか?」って聞いたら「僕はこのコースを走りに来たんだから良いの!」って言い返されて、一瞬、「どんだけ時間かけてレースに来てんだ!」と、思いましたが、「このコースを走り込むほうが長い目でみたらいい経験だよな」と、思い・・・。親の期待より高い意識で走ってんだな~って感心。



 本人はレースはどうでも良いと言うので試走クローズ時間まで走らせていました。クローズ間近になって、どら焼きを食べようとしていたら、846キッズがコースクリアのために走って行くので追い越された試走者は出ていくようにとのアナウンス。楽しそうなのでBT君も同時スタートさせてもらいましたww(846キッズメンバーではないので皆と同時スタートしてビリになったら追い出しですw)
 
 キッズの子が少なくて、その中でキッズと下りで抜かれて登りで追いつかれて最後最後までバチバチと勝負しながら戻ってきたけどラストのアスファルト区間で抜かれて号泣。周りのスタッフから、「負けても仕方ないよ、この子は5年生だからね。」って声を掛けられても悔し涙が止まらずにどら焼き食べながらまさかの寝落ちwww





メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/416 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:7.7938080495356 撮影日時:2017:06:24 16:18:43

 限界まで遊んだね~w



 翌日のレースはBT君の勝負どころも無く短いコースプロファイル、しかもコースは走り込んで無いし前日スタミナ使い果たしているので当然勝負にならんよな~って思って静観して見守り。
 
 スタートはBT君は相変わらずスロースタート。





撮影日時:2017:06:25 09:26:04
 
 トップはY君w上カテのK君に食らいついて独走。





撮影日時:2017:06:25 09:26:04
 
 上カテと混ざってるから順位も分からず走りだけ見てたけど、
 




撮影日時:2017:06:25 09:26:04

 ずっと前を走してた女子Mちゃんを第三トラックの出口では追い越してた。
 




メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/50 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:250 焦点距離(mm):50 露出補正:-0.33 撮影日時:2017:06:25 08:13:28
 
 CJでは勝ったり負けたりしてる女子のAちゃんに今回は大差を付けられて、あらら~wと思いながらゴール。
 
 
 ゴールでも悔しそうに泣いてましたが結果は総合で3位。表彰として男子2位と上出来じゃん。
 




メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/1250 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:200 焦点距離(mm):34 露出補正:-0.33 撮影日時:2017:06:25 08:41:19
 
 
 以前から誰に言われた言葉なのか反復的にいうセリフ「速い選手より上手い選手になりたい。」
 
 帰り道。「少しはさ、サーキットレースでも帰るようにそろそろスタートとか平地とかのレース為の練習したほうが良いかな?」
 そう言われて「勝ちたいなら当然だろ!」って昨日までなら言ってたと思うけど。





メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/1600 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:200 焦点距離(mm):39 露出補正:-0.33 撮影日時:2017:06:25 08:42:41
 
「上手い選手になりたいなら今は楽しいことだけ集中してやりなよ。なにがしたいの?w」って逆に問いかけたら
「こないだ一緒に走った兄ちゃんみたいにトレールで走りながらウィリーしたりジャンプしたり遊びながら走れる選手になりた~い!」っだって・・・知ってるのかな?目標のその人って複数競技で日本代表になってる人なんだけどwwwと、親が思っているよりも意識も目標も高く純粋だけど貪欲な小3でした。
 

 
 でも帰宅後、ダッシュでママに貰った金メダル(入賞は全員金メダル!)を見せに走った子供らしいBT君でした。







ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ

三本目の炭素系×妙高CJ2(春)

 妙高CJ2(春)参戦。前日入りして試走。秋の大会ではキッズのコースで押した第1、第2のシングルトラックがカット。登りも短くなった上に周回数も2から1に変更になって不貞腐れたBT君。しかし、八代さんから大人コースの試走を許可されて、「レースよりもこのコースを走りたいの!」と、無茶な試走周回ww、このお話は次の記事で
 当日、流石にレース前はキッズコースなって言いくるめて1周試走後に一人フルコースへ。しかし、第一シングルの入り口までの登りで腰痛爆発www前日試走しすぎだから・・・。

 とりあえず第四トラックが一番怖いのだけど、この状態で入るのは危険と試走を途中で打ち切り。そのままレーススタート。





撮影日時:2017:06:25 09:26:04

 前年度は結局落車に巻き込まれて散々だった富士見(秋)しか走ってないので最後尾からのスタートです。それでも人数が少なく3列なのでスルスルっと前に出て先頭集団に紛れ込む。アスファルトが終わるあたりで先頭集団が伸びて来たので、そこから前を追いたかったけど足が出ず。10番手ぐらいでバラけていく。

 問題の第四トラックの一発目でオーバースピードか、ヤバイ!





撮影日時:2017:06:25 09:26:04

 と、左足を付いたらバイクだけ回転しながら飛んでいった。





撮影日時:2017:06:25 09:26:04

 いや、危ない危ない。運良く怪我もなくバイクも無事で再スタート。

 2周目に入ってすぐに腰が爆発。これは集中力が欠けてくるから危ない場所を押すことも考えようと思いつつも下りセクションに入る前に一呼吸が出来るのでなんとか2周回目は無事にクリア。
 




撮影日時:2017:06:25 09:26:04
 
 
 しかし3週目から右太ももから電撃。攣りますよ~って信号がビシビシと・・・。




撮影日時:2017:06:25 09:26:04

 一旦登って下ってからの第一シングルまでの長い登りで完全に筋肉が攣り激痛。太ももを叩きながら登って一呼吸してからシングルに入ったが最初の降りながらの左ターンでそのまま真っすぐ突っ込み早めに足出して停止。応援者から「ナイス判断!」って声をかけてもらってヒヤヒヤしながら下って第四シングルの登りへ。「ここは押すかw」と、思っていたら手前の登りで前走者に近づいてラインを変えたら石に乗り上げてストップwww、そこから押して飛び乗っちゃたのでまた降りるの面倒なんで、そのままドーンと降りて行った。一旦気持ちが吹っ切れたのもあって2つのセクションを無事に走りきってゴール。

 なんとか怪我せず完走出来ました。秋から「妙高で息子が走れるように」と、色々と練習してきましたが僕も同じメニューをこなして無事に完走出来るレベルにはなりましたねwでも勝負に絡むにはまだまだだな~。


 
 Gonzo's Performanceのフレームが四種類揃ったレースでしたが僕のトレールナイナー以外は全て表彰台に乗ると言うGonzo's Performanceの快挙に僕の不名誉ww精進せねば~w







ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ

mt.富士ヒルクライム×初めてのヒルクライム×ミニヒルクライム出走

 MTBのCJシリーズをメインに考えて妙高の日程が近い通年出ていた富士ヒルに出ないことを決めたのだけど小学生が出れるミニヒルクライムが新設されたことで急遽ミニヒルクライムに親子で参戦ww
 
 自転車を始めた当初はヒルクライムレースを目指して練習していただけに登りは絶対に自信あり!w「何処かで優勝したら白馬に出場させて下さい」ってBT君とママの約束を果たすために勝利に向けたシミュレーションをしていたが突然表彰無しになり低学年カテゴリまで無かったことになる過酷な発表。これは想定外で、低学年カテゴリーで優勝ところか、タイムリザルトもゴールのどちらも高学年も含む小学生全員と勝負して勝利しないとママへのアピールが難しい状況wwwスタートから更に入念な作戦を建てて走りました。(だってママは結果しか知るよしも無いからね~)
 
 まずは神頼み。
 




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1312 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:9.75964391691395 撮影日時:2017:06:10 15:28:43
 「山の神様、僕に力を分け与え給え~」
 
 スタートは長いパレード走行があってタイム計測地点はかなり遠いので特に先頭で出る必要もないので中盤のスタート位置を確保。




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1842 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:10.227895392279 撮影日時:2017:06:11 08:42:08
 スタート前は緊張中~w
 
 ど~~~ん!
 
 しかし思った以上に先頭が早くってBT君よりも前で集団が中切れし始めてBT君が落ち着かなくなったので先頭集団に飛び込み。最初のコーナーを越えたところで3人が更に飛び出したが無駄に追わず。計測地点ではタッタが先行して計測地点を通過してBT君を待ってBT君のタイムリザルトがタッタよりも前になるようにコントロールしてタイムリザルトを有利に設定してから先行の三人を追い始めます。(計測開始地点をゆっくり通過したことでタイムリザルトは有利にはなりますが、ここからゴールもトップで切る必要がありますが、それには不利です。)
 
 先行の3人は明らかにペースダウンしそのうちの一人は酷いブロック走行を繰り返していてますます苦戦していました。ブロックしている子の斜行タイミングで抜け出す指示を出して前へ。慌ててBT君に当てに来るぐらいの斜行をしてきましたが、まっすぐ上だけ見て走ってるBT君を捕らえられるわけなくBT君が逃げ切って飛び出し。その結果邪魔され続けた二人のキッズも上手くかわせて、ブロックをしていた子は完全に出遅れて暫くはBT君を含むキッズ3人の熱い勝負が開始。
 
 BT君にペースを任せて1kmぐらいの激坂ポイントでBT君が一歩出たので「10秒で良いからそのまま必死に踏め!」と指示を出し二人が追って来れない絶対的なリードを作ってレースを完璧に支配。結局は、抜け出すポイント2箇所だけ指示しただけでBT君がレースを作り上げた。

 しかし、しばらくして突如後ろから気配がwwww単独の大人wwwww初めはぶっ千切ったキッズの引率パパだと思って居たのだけど、どうやら伴奏するはずの子供が体調不良でDNSになり単独出走らしい。そのまま3人で走っていると、またしても単騎の大人が前に出るwwwwあれ?ミニヒルクライムって小学生と伴奏者のカテゴリじゃなかったのか??w
 
 追う指示を出せば勝負になりそうな気もしたけど、ここまでも必死なBT君に無理させて限界突破したらグダグダに成ってしまう可能性もあるので指示を出さずBT君も追わず。途中で落ちてくるかと期待したけどフルコースを走る一般の大人に追いついて多くの大人が混じりだして距離感が判らなくなりラスト500mからスパートをかけても抜けず。途中で抜け出たおじさんが総合1位になるならタッタが単騎で追ってタッタが取るかと?と一番大人気ない考えも過りましたがBT君の伴走に専念www

 最後のリザルトづくりでBT君を前にしてゴール。単騎のパパさんは明らかに気を使ってくれれ僕達を抜かずにゴールしてくれたので総合2位でゴールしたBT君でした。とりあえずネタ作りでBT君の後ろで悔しそうに項垂れたポーズでゴール写真を撮って頂きましたwww

 
 結局、ネットタイムでもグロスタイムでも圧倒的な2位でした??
 
 その後、ゴールしたキッズはやる気満々で正々堂々と戦いを挑んできたロード乗りでしたが聞けばBT君よりひとつしたの2年生と!同級生で体力差がなかったら抑え込めなかったかも。そのあと五年生がゴール。その後は更に圧倒的な差が付いていました。
 




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1742 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:10.2437869822485 撮影日時:2017:06:11 09:21:28

 BT君はゴール後は暫く死んだような感じでしたが、「あぁ~五合目まで行きたいな~」と、復活後は上ばかりを眺めていました(笑
 
 
 結局総合で2位とここぞで1位をとれないネタを更新したBT君ですが下山後にレース結果をママに報告して「小学生全学年での1位なら表彰なんか関係なく白馬に出て良い!」と許しを得ることに成功しました!!
 



 できれば妙高で優勝して完全なな出走権を!と思うところですが妙高で絶対に1位にならないとって言うプレッシャー背負って走らずにすんでホッとした~。
 僕的には20分ちょっとのタイムでゴールかと思っていたが公式タイムで18:21とビックリタイムwでも、まぁ~STRAVAのセグメントではBT君が17:59に対して、タッタがレースでの通過タイムは12分台ですのでヒルクライムで父超えをするのはまだまだねwww(<=やはりタッタが大人げない。)
 
 下山後は自ら進んで山の神にお礼参り。




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/725 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:8.97366255144033 撮影日時:2017:06:11 11:28:23
 が、、、神の前では緊張してテレテレww
 
 そのくせタッタと二人になったら「小学生の間ずっと富士ヒルでチャンピオンになったら小学生の山の神になれるかな?」って大胆は夢を語っていました。
 
 次はCJ2妙高!そして白馬(JOCジュニアオリンピックカップ/全国ユース選抜マウンテンバイク大会)です!!
 
 う~ん、やっぱりオフロード大会のレースの出場権をロードで取るのはどうなんかな~。頑張れBT君!w




ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ

小学生MTB×ダウンヒル行ってきました×ふじてん

 ドタバタ続きで色々とあってブログに書けずでした。
 今年度、CJ開幕戦と目論んでいたCJ富士見(春)は運動会と重なり参戦見送り・・・。
 我が家の開幕戦はCJ2妙高(春)になります。
 妙高は我が家がCJに参戦するに当たって最初のターゲットレースでした。去年の秋は前日試走でタッタが落車し負傷しDNS。
 BT君は登りの強さを見せたものの 同カテで出走したメンバーも押した下りでの再乗り込みの遅さから遅れて無念の4位と悔しい思いとトラウマが残ったレース。
 しかし、BT君は「次の妙高は全部乗ってクリアする!!!」と、目標を立ててそれに向けて作られたタッタの練習目標をどんどんとクリアしてきました。
 
 近所トレールの泥岩のドロップオフもついに降りれるようになりました。
 

 
 でも、妙高は妙高。それにロックセクションの経験が足らなすぎ…ってときに監督がふじてんで練習をするとの事で便乗させてもらいました。
 
 BT君はすこぶる楽しみにしてウキウキモードですが、初のダウンヒルってことでタッタのほうが恐怖と緊張です(汗
 
 それでも中級コースのトレールをガンガン走っていく・・・。基本は難易度は高いコースでも常設コースとして整備させれているので走りやすいから恐怖を感じないんですかね・・・。結構なコースなんだけど、攻めていくな・・・。



 
 2本目の下り終えたところで同級生のK君家族と合流。
 
 一緒に下ります。
 
 K君、最初はノロノロでロックの下りで止まってしまったりして最初は大丈夫か?って思ってたけどNewバイクに初コースでスイッチが入るのが遅れただけでBT君とK君で中級コースを思いっきり攻めて走り・・・・。動画のときは安全距離を開ける状態で安全な場所で追いつけていましたが、このあとのダウンヒルからはタッタが千切られる始末(笑
 
 しかもリフトから監督達にも目撃されて「お~ぃしっかりしろ~BT君はかなり前だぞ~~w」と、笑われましたwwwwリフトの監督に向かって「マジで千切られました~~~;v;」


 何本も降りて後半戦で「リフトから見えるところ走りたい!」と、上級コースに入りたいと言い出す小3二人組。監督から「24インチだとドロップで引っかかると思うから辞めたほうが良い」と、珍しくイケイケの監督からストップが出ていたので辞めさせていたのですが、我慢できなくなったようで、ゆっくり走ることを条件に突撃。
 
 高さ的に問題無いドロップでしたが階段状になっていてBBが当たりそうwwwBT君は2本目は左側の高いドロップから行けそうだとチャレンジするところでしたが路面から根っこが輪っか状にぶら下がっててペダルがハマったら大惨事になりそうなんで無理やり辞めさせました。


 
 最後の一本だったし、最後の一本が一番怪我する率が高いと聞かされていたのと、まじでAJさんが最後の一本で怪我したのを聞いてたので^^;


 なんとリフトに14本乗って怪我なく無事に帰宅出来て最高の一日でした。
 いろんな方にお世話になってしました~ありがとうございました~~!妙高頑張ってくるよ!!




ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ

新しい冒険の地へ-

 いつも走っているトレールで不思議な縁で知り合ったMTBerのKさんさん。意気投合してKさんが整備活動している方面のトレールに案内してもらいました。
 
 正直、すげぇーーー!
 




 
 普段はしってるところと比べるとかなり広いので難しいセクションもいっぱい~。
 
 冒険してる!感じ





 タッタもw




 
 しかし、、、お調子者のBT君。トレールとトレールの繋ぎの舗装路で気持ちよくリアホップさせて走って、前輪がコジッて真横に大回転して大コケ。危うくトドメにタッタに踏まれるところ。
 
 これで腰骨あたりが擦過傷になって危うくここでDNF?って状況でしたが、痛がってたけど楽しみのほうが勝って一日中走っていました。
 





 知り合いのSNSで見覚えのある風景もあったり1日で3本のトレールを渡り歩きました





 土とロックで路面が変わるところでスリップしてコケてテンションを大幅ダウンさせたり小3ゆえの脆弱な部分もありましたが、正直、ここは走れないだろうって場所も果敢に攻めて登りきってしまったり、Kさんもタッタも呆然したり。楽しい冒険でした~。



 てか負けず嫌い過ぎて出来るまでやるからな~ww




ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ
プロフィール

AKI

Author:AKI
この可愛い生命体はハンドルネーム“BT”です。
BT君の可愛さと親ばかぶりに呆れてください。


当ブログはリンクフリーです。ご一報くだされば喜んで相互リンクさせていただきます。

GRの写真はおかあさんKissX2の写真はおとうさんが撮っています。
平日はおかあさんの写真が中心で休日はおとうさんの写真が中心で構成されています。


lightboxを利用させてもらっていますので大半の写真はクリックで拡大表示されます。興味がある写真は是非クリックを!


ランキング投票
ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
人気ブログランキングへ
広告
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いくつになったの
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2