FC2ブログ

mt.富士ヒルクライム×初めてのヒルクライム×ミニヒルクライム出走

 MTBのCJシリーズをメインに考えて妙高の日程が近い通年出ていた富士ヒルに出ないことを決めたのだけど小学生が出れるミニヒルクライムが新設されたことで急遽ミニヒルクライムに親子で参戦ww
 
 自転車を始めた当初はヒルクライムレースを目指して練習していただけに登りは絶対に自信あり!w「何処かで優勝したら白馬に出場させて下さい」ってBT君とママの約束を果たすために勝利に向けたシミュレーションをしていたが突然表彰無しになり低学年カテゴリまで無かったことになる過酷な発表。これは想定外で、低学年カテゴリーで優勝ところか、タイムリザルトもゴールのどちらも高学年も含む小学生全員と勝負して勝利しないとママへのアピールが難しい状況wwwスタートから更に入念な作戦を建てて走りました。(だってママは結果しか知るよしも無いからね~)
 
 まずは神頼み。
 




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1312 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:9.75964391691395 撮影日時:2017:06:10 15:28:43
 「山の神様、僕に力を分け与え給え~」
 
 スタートは長いパレード走行があってタイム計測地点はかなり遠いので特に先頭で出る必要もないので中盤のスタート位置を確保。




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1842 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:10.227895392279 撮影日時:2017:06:11 08:42:08
 スタート前は緊張中~w
 
 ど~~~ん!
 
 しかし思った以上に先頭が早くってBT君よりも前で集団が中切れし始めてBT君が落ち着かなくなったので先頭集団に飛び込み。最初のコーナーを越えたところで3人が更に飛び出したが無駄に追わず。計測地点ではタッタが先行して計測地点を通過してBT君を待ってBT君のタイムリザルトがタッタよりも前になるようにコントロールしてタイムリザルトを有利に設定してから先行の三人を追い始めます。(計測開始地点をゆっくり通過したことでタイムリザルトは有利にはなりますが、ここからゴールもトップで切る必要がありますが、それには不利です。)
 
 先行の3人は明らかにペースダウンしそのうちの一人は酷いブロック走行を繰り返していてますます苦戦していました。ブロックしている子の斜行タイミングで抜け出す指示を出して前へ。慌ててBT君に当てに来るぐらいの斜行をしてきましたが、まっすぐ上だけ見て走ってるBT君を捕らえられるわけなくBT君が逃げ切って飛び出し。その結果邪魔され続けた二人のキッズも上手くかわせて、ブロックをしていた子は完全に出遅れて暫くはBT君を含むキッズ3人の熱い勝負が開始。
 
 BT君にペースを任せて1kmぐらいの激坂ポイントでBT君が一歩出たので「10秒で良いからそのまま必死に踏め!」と指示を出し二人が追って来れない絶対的なリードを作ってレースを完璧に支配。結局は、抜け出すポイント2箇所だけ指示しただけでBT君がレースを作り上げた。

 しかし、しばらくして突如後ろから気配がwwww単独の大人wwwww初めはぶっ千切ったキッズの引率パパだと思って居たのだけど、どうやら伴奏するはずの子供が体調不良でDNSになり単独出走らしい。そのまま3人で走っていると、またしても単騎の大人が前に出るwwwwあれ?ミニヒルクライムって小学生と伴奏者のカテゴリじゃなかったのか??w
 
 追う指示を出せば勝負になりそうな気もしたけど、ここまでも必死なBT君に無理させて限界突破したらグダグダに成ってしまう可能性もあるので指示を出さずBT君も追わず。途中で落ちてくるかと期待したけどフルコースを走る一般の大人に追いついて多くの大人が混じりだして距離感が判らなくなりラスト500mからスパートをかけても抜けず。途中で抜け出たおじさんが総合1位になるならタッタが単騎で追ってタッタが取るかと?と一番大人気ない考えも過りましたがBT君の伴走に専念www

 最後のリザルトづくりでBT君を前にしてゴール。単騎のパパさんは明らかに気を使ってくれれ僕達を抜かずにゴールしてくれたので総合2位でゴールしたBT君でした。とりあえずネタ作りでBT君の後ろで悔しそうに項垂れたポーズでゴール写真を撮って頂きましたwww

 
 結局、ネットタイムでもグロスタイムでも圧倒的な2位でした??
 
 その後、ゴールしたキッズはやる気満々で正々堂々と戦いを挑んできたロード乗りでしたが聞けばBT君よりひとつしたの2年生と!同級生で体力差がなかったら抑え込めなかったかも。そのあと五年生がゴール。その後は更に圧倒的な差が付いていました。
 




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/1742 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:10.2437869822485 撮影日時:2017:06:11 09:21:28

 BT君はゴール後は暫く死んだような感じでしたが、「あぁ~五合目まで行きたいな~」と、復活後は上ばかりを眺めていました(笑
 
 
 結局総合で2位とここぞで1位をとれないネタを更新したBT君ですが下山後にレース結果をママに報告して「小学生全学年での1位なら表彰なんか関係なく白馬に出て良い!」と許しを得ることに成功しました!!
 



 できれば妙高で優勝して完全なな出走権を!と思うところですが妙高で絶対に1位にならないとって言うプレッシャー背負って走らずにすんでホッとした~。
 僕的には20分ちょっとのタイムでゴールかと思っていたが公式タイムで18:21とビックリタイムwでも、まぁ~STRAVAのセグメントではBT君が17:59に対して、タッタがレースでの通過タイムは12分台ですのでヒルクライムで父超えをするのはまだまだねwww(<=やはりタッタが大人げない。)
 
 下山後は自ら進んで山の神にお礼参り。




メーカ:Apple モデル:iPhone 7 露出時間(秒):1/725 F値:1.8 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:20 焦点距離(mm):3.99 露出補正:1.00 輝度:8.97366255144033 撮影日時:2017:06:11 11:28:23
 が、、、神の前では緊張してテレテレww
 
 そのくせタッタと二人になったら「小学生の間ずっと富士ヒルでチャンピオンになったら小学生の山の神になれるかな?」って大胆は夢を語っていました。
 
 次はCJ2妙高!そして白馬(JOCジュニアオリンピックカップ/全国ユース選抜マウンテンバイク大会)です!!
 
 う~ん、やっぱりオフロード大会のレースの出場権をロードで取るのはどうなんかな~。頑張れBT君!w
スポンサーサイト




ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ 人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

AKI

Author:AKI
この可愛い生命体はハンドルネーム“BT”です。
BT君の可愛さと親ばかぶりに呆れてください。


当ブログはリンクフリーです。ご一報くだされば喜んで相互リンクさせていただきます。

GRの写真はおかあさんKissX2の写真はおとうさんが撮っています。
平日はおかあさんの写真が中心で休日はおとうさんの写真が中心で構成されています。


lightboxを利用させてもらっていますので大半の写真はクリックで拡大表示されます。興味がある写真は是非クリックを!


ランキング投票
ランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
人気ブログランキングへ
広告
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
いくつになったの
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2